SAMPLE COMPANY

トップコンサルティング > パワハラ防止法 対応コンサルティング

パワハラ防止コンサル2020年6月1日から施行させる「パワハラ防止法」向けコンサルティングです

パワーハラスメントの6類型を改善する経営コンサルティング会社「キズカスカンパニー」パワハラの6類型を改善する経営コンサルティング会社「キズカスカンパニー」
出典:厚生労働省 2016年配布資料より

当社代表の加藤は、会社員時代「パワハラ」の当事者、被害者の両方を経験しました。
店舗の責任者として運営を任されたという「強すぎる責任感」から、20代から30代の前半の頃、部下に対し日々厳しい言葉や態度で接していました。
今振り返ると重職や売上確保のプレッシャーから、精神的に追い込まれていました。
周りの先輩や上司からは「職場(仕事)で、叱責や厳しい言葉を掛けられることは”期待している証拠”」という根拠のない定説を信じ、私自身がパワハラの当事者になっているなど疑問にも思いませんでした。昭和生まれの経営者や上司の中には、それが当たり前だと思い続けている方が少なくありません。
そんな私が「パワハラの被害者」になった時、それが「相手の気持ちを傷つけているということ(パワハラ)」だと気づくことが出来ました。

上司からパワハラの被害者となったのは、2000年(ミレニアムイヤー)を迎えた年。ヘッドハンティングを受け、次の飲食店への転職が決まり、退職の3か月前に上司に退職届を提出。退職日まで手を抜かないよう仕事に邁進しておりました。退職まであと10日。ランチタイムの営業が終わり、上司と電話をしていた時。ある会話の流れから「加藤。退職も近いから、どうせやる気もないだろう?」と。もしかしたら、今この文章を読んでいただいているあなたも、部下の退職日が近づいたら、同じことをされた方もいらしゃるかも知れません。
私にとっては、予期せぬ言葉を浴びせられ私の中で『3か月で「お店を立て直せ!」との指示を受け異動し、この3か月間で売上(前年対比120%)を上げたにも私に対して「どうせ・・・?」』と。その電話を最後に、退職までの10日間を待たずして、即日会社を辞めました。上司がそのような目で私を見ていたことに、これまでの努力がすべて無意味だったといわれたようで、怒りを通り過ぎ、笑うしかありませんでした。

このような経験をしてきたからこそ、「どんな言葉が、部下のやる気を一瞬で奪ってしまうのか?」「部下のやる気を上げるための的確な言葉は何か?」といったように、場面に合わせて的確なアドバイスが行えるのは、加害者と被害者の双方を経験してきたからこそ。社員が退職届を出してくるのには「辞めたい理由」があります。仕事に対してやる気が起きない社員には「直接社長や上司に言え(相談でき)ない理由」があります。

パワハラをしている当事者は「それがパワハラだとは思っていない」ことが、大問題です。

組織に一人でもそのような上司がいれば、部下もいずれ同じ行動になります。「親の行動や癖を、子供が覚えてしまう」のと同じようなものです。
早めにその状況を改善するために、当社のコンサルタントが、個別&集合研修を通して、職場の改善と離職率の軽減を目的としたコンサルティグを提供いたします。

初めて当社へ経営相談をされる企業様は、まず【面談(電話)コンサル】にて現状をお聞かせください。的確なアドバイスをお約束いたします。
※なお【無料相談】は行っておりません。
対象企業 中堅・中小企業(年商5,000万円~10億円規模)
コンサル内容 パワハラ6種類を中心として、職場環境の改善、個別指導(集合研修)により、離職率の軽減を行います。

(1)暴行・傷害(身体的な攻撃)
(2)脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言(精神的な攻撃)
(3)隔離・仲間外し・無視(人間関係からの切り離し)
(4)業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、 仕事の妨害(過大な要求)
(5)業務上の合理性なく能力や経験とかけ離れた程度の低い 仕事を命じることや仕事を与えないこと(過小な要求)
(6)私的なことに過度に立ち入ること(個の侵害)

特に離職率の高い職場については、経営者様から率先して改善いただく場合がございます。
知識だけではなく、ケーススタディを通して指導いたします。

※実際の場面を想定した指導(研修)を行うため【厳しい言葉】【日常業務では不適切な言葉】と使う場合がございます。予めご了承ください。
お申し込みの流れ 店舗指導歴300店舗の実績で選ぶなら「キズカスカンパニーの店舗経営コンサル」
料金 ・単発(初回)コンサル(120~150分) 60,000円(税別)
・継続コンサル(2回目以降~|120分) 50,000円(税別)
お支払い方法  クレジットカード決済(事前払い)
お支払い期限  コンサル実施日の【5日前】まで
キャンセル規約 ・お支払い後のキャンセルは出来ません。
・日程の変更につきましては【実施日の2日前18:00まで】に【お電話】にてご連絡ください。
・上記18:00以降~当日キャンセル(遅刻)については、開催したものとし、100%キャンセル料となります。
・実施日に確実にコンサルティングができるスケジュールをお決めいただき、ご予約をお願いいたします。
面談場所 ・東京オフィス(横浜桜木町オフィス) または、御社指定場所(別途交通費・宿泊費・出張費)
・オフィスへのアクセスは【コチラ

<< 前のページに戻る